2008年03月07日

Beardsley.浮世絵.(男性の)妄想

Aubrey Beardsley (1872ー1898) の作品との出会いは、今から2年前。
Glasgow 大学にいた時、Klimt 作のベートーベン フリーズについて調べていた時。

Alibaba-2.jpg ベートーベン フリーズのIntemperance(不摂生.飲過ぎ)は、Beardsleyのアリババ(図→)から閃いた、という記述を読んだ時。
←狡猾さだけではなく、なんとも言えない魅力もある。
Beardsleyは、イギリス人 作家兼デザイナー。26歳で他界という短命が残念なほど、個性的な作品を残している。

Zatlin女史がいくつかBeardsleyに関連する本を出していて、そのうちの一冊が、Beardsleyは日本の浮世絵に影響を受けたという推論を検討する内容。


The-Eyes-of-Herod-s.png Beardsleyは、エロティックな浮世絵を寝室に飾っていたこともある、と。単純に面白いと思っただけではなく、浮世絵の様々な点が作品へ影響したであろう、と、項目ごとにZatlin女史は語る。
Beardsleyの作品を見ているだけでは、浮世絵への関連性は特に感じないが、Zatlin女史の記述は、西洋人が見た浮世絵への反応、影響、日本人への関心度の例として興味深い。日本人ゆえに、私が気づかない点を気づかせてくれる。

他方、Beardsley の作品の「性」に関する作品を通し、イギリス、フランスの印刷物での「性」、特に「男根崇拝」の流行、当時の絵画の傾向を分析するZatlin女史の著作もある。そこにも、浮世絵は登場する。


Illustrations :
Zatlin, Linda Gertner: Aubrey Beardsley and Victorian Sexual Politics. Oxford University Press, Oxford New York Toronto, 1990.
絵は上から順に
Plate 12 :Aubrey Beardsley,Ali Baba
Plate 47 :Aubrey Beardsley,The Eyes of Herod,Sarome
Plate 91 :北斎,Girl diver and Octopuses
Plate 116 :Antoine Borel, frontpiece, L'Aretin francais (1787 edn.)

北斎とAntoineの作品を初めて見た時はショックと同時に、よくこういうことを考えつくなぁ、と何とも言えない気分となる。面白いと言えば面白く、なにせ躍動感のある作品とも言え、グロイから何度も見たい気分にならない、とも思う。それにしても、何に閃いて、どんな状況で作品化したんだろう。。。続き
ラベル:Klimt
posted by mandelin-coffee at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ART 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。