2008年09月28日

ヒューゴ・バル:ホラカフララ。。

Hugo-Cubist-s.jpg
アートの枠組みの拡大の火付け役のダダ。
中でも、ヒューゴ・バル(ドイツ人, 1886–1927)の功績は大きい。
ナン・センスな言葉から新しい表現方法を見い出す。

1916年に、キャバレー・ヴォルテールで、キュービズム風の出で立ちのヒューゴ・バルが読んだサウンド・ポエム。 ”Karawane(Caravan)”

以前、初めて写真を見たときは、正直、変なおじさんにしか見えなかったのだが、このYoutubeを聞いて以来、ダダの魅力に引き寄せられる。




意味不明の言葉たちが、こうも官能的に響くことが面白い。
詩は、どう読むかも大事だと。。つくづく思う。

ダダ・シュールレアリズムの講義が楽しく、毎週楽しみでならない。


☆ ダダについてのおすすめサイト 
National Gallery of Art

posted by mandelin-coffee at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ART 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

カラバッジョ

以前の記事写真革命で触れた件に関連。

◯ 題:カラバッジョの技術 ◯

制作:WhiteFieldArt


英語がわからずとも、見ることをおすすめ。というのも、当時の鏡やレンズの発展を垣間見ることが可能。レンズなどの説明は次回。ケプラー、ガリレオ、オランダ、天体望遠鏡のことも思い出すと、歴史がより興味深く見えてくる。

真実かどうかは断定できずとも、議論されている内容。

現在でも、ドローイングをせず、OHPを使用して、写真そっくりの油絵を作成するアーティストが多い。線にとらわれすぎると、いかにもコピーしたように見え、人物が生き生きとして見えない。

カラバッジョの技術は鏡を使ったか使わなかったかを超えている。もし、鏡を使ったとして、それをどう”活用”したかが興味深い。。

その件も次回。
ラベル:ガリレオ
posted by mandelin-coffee at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ART 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

Manuel Alvarez Bravo

写真技術が進んでいるが、昔の写真の方が、時に「濃厚」に感じる。

Manuel Alvarez Bravo(1902ー2002)
メキシコ人写真家
Optical Parable :1931年撮影のネガからのプリント(1974年)
Manuel Alvarez Bravo.jpg
© Asociación Manuel Álvarez Bravo AC


眼鏡屋の看板と反射図により、歩行者の目の錯覚での遊び。 Alvarez Bravoは、ネガを使用し、視覚の正確さへの疑問を投げかけてもいる。
看板上のお店の名前(La Optica Moderna)は、「モダン 眼鏡屋」であるが、Alvarez Bravoは、この言葉が、「モダンな視点」という意味も含むことに気づき、タイトルのParabola optica(Optical Parabale:視確と姿覚)は、言葉遊びのもじりを利用。見えている形と、その見えているものに私たちが意味を重ねることを示唆。


● 参照
Getty Museum : Explore Art より

● 他、Alvarez Bravo の作品
◯ Moma.org
◯ Getty Museum


Manuel Alvarez Bravo の写真を見ていると、Frida Kahlo(1907ー1954)も同じような光景を目にしていたんだろうなぁ。。と感慨深い。


posted by mandelin-coffee at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ART 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

見られている。

元、体操を習っていたことのあるカナダ人男性は、北京オリンピックで「体操」を中心に見続けた、と。

  日本人チームの(演技)は凄かった。
  彼らはいつも髪型を気にしていたよ。常に、髪をいじっていた。
  皆、同じ髪型で、つんつんしていたよ。


髪型への執着というか、こだわりが、他の国の選手と異なっていた点が印象的だったらしい。funny、と。

海外でしばしば聞かれるのが、「日本人、中国人、韓国人を見て、区別はできるの?」的な質問。

逆に、同じ質問を投げかけると、いろんな意外な、しかも率直な答えが返ってくる。
今回は、この観察が一番面白かった。ほんと、見られているんだよなぁ。いろんな意味で。


今日、カレッジ(トロント大学は広いので、カレッジごとに生徒を管轄する)であったバーベキューに参加。とは言え、日本でのバーベキューの印象とは異なり、ハンバガーのみだったけど。。

posted by mandelin-coffee at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化&気づいたこと Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。