2008年11月21日

サンタクロース パレード

子供向けのパレード。観客の様子の方が、上から見ていて私は興味深かった。
公式ウェブサイトーー> こちら

Nov16s-SantaClausParade111.jpg



(下記、おのおのの写真はクリックで拡大。)エッセイ提出があったので、見たのは時折だったけど、皆寒そうでした。

Nov16s-SantaClausParade22+.jpg  Nov16s-SantaClausParade75+.jpg

Nov16s-SantaClausParade40+.jpg  Nov16s-SantaClausParade70.jpg Nov16s-SantaClausParade92.jpg

Nov16s-SantaClausParade108.jpg Nov16s-SantaClausParade107.jpg


posted by mandelin-coffee at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Toronto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

the Prix Pictet ー 水

Prix Pictet が、プロ、アマチュア問わず、 世界中の人々を対象とし、写真を公募。
環境問題、地球温暖化、気候変動について議論されることが増えている中、水による現象(洪水・干ばつ・汚染)に焦点を当てる。

BBC-Photos-Prix Pictet.jpg

BBCでショート・スライドが公開(解説付)。[上記の写真は Roman Signer
受賞者の他の作品は こちらから

第一回目の受賞者がパリで発表。
大賞は、カナダ人フォトグラファー、Benoit Aquin

2010年までに、世界中の貧困者の40%が浄水を得るのが困難になると推定されている。今、問題に取り組もう、というスイス人財閥らによる提案。



※ このBBCの解説者は、典型的なブリティッシュ・イングリッシュで、さらに、聴き手の耳をくすぐるヴォイス。日本で言うなら、森本レオのように、ちょっと、聴き手を意識し過ぎのよう。が、その「声での”くすぐり”」の行き過ぎのラインを超えるか超えないか、という微妙な調節をしている解説者に苦笑い。
ともあれ、「細かく震える水の振動を封じ込めた。。。」という当たり、エロティックに聞こえる。是非、環境問題を考えつつ、見てほしいショート・スライド。



近年、水のドレスをまとうモデルの広告が多くなってきたと思いませんか?
"water dress"とGoogleで検索すると、ファッション広告や、イタリアの水の広告(Mattoni spring water)などがヒットする。
G2B-waterdress.jpg


カナダ人のアーティストは、消費主義に問題意識を持ち、それを表現する傾向があるように感じる。一方、中国系カナダ人は、一昔前の日本のように消費主義を謳歌している。

『水』


海外で移動するたびに一番気になるのが、水の質。
夏に一度、私の住んでいる建物で水が出なくなったことがある。飲み水だけでなく、トイレの使用が困る。
いろいろ考えさせられる。


posted by mandelin-coffee at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ART 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

ハロウィーン−2

照る照る坊主ではありません。ゴゥスト。
Halloween-2.jpg

外側はビニール。中身は新聞。
大学の図書館前で見かけたので、パシャリ。

posted by mandelin-coffee at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Toronto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。