2012年06月24日

12人の見知らぬ人々と夕食を共にする企画

トロント大学の卒業生事務局が企画をしている、Dinner with 12 Strangers は、卒業し、社会で安定した地位を築いたトロント大学卒業生が、12人の会ったこともない学生を夕食に招き、団らんするというプログラム。夕食を共にしながら、卒業生が社会経験を学生に伝えたり、学生同士が学部や学年を超えて交わったりする 時間と空間、ネットワーク拡大の促進を目指しているプログラムである。

6月9日、Cindy Ross Pedersenさんは、70名の学生を彼女の自宅に招き、バーベキューを提供。コンピューター・サイエンスと商学部を出ているシンディーさんは、彼女の起業家として活動と経験を学生に伝えるボランティア活動も行なっている パワフルな女性である。これまで大規模なクリスマス・パーティーなども、このプログラムのために開いている。

私は UTDinner Clubの部長でもあるので、料理準備の手伝いに呼ばれ出席。当初、下記のアルバム雑誌を作成する予定ではなかったが、イベント終了後、この企画は形にきちんと残した方が良い、と考え、自主制作。シンディーさんの協力も得ることができ、最終的には数少ない写真でも ある程度まとまったものとなる。


次回、こういう雑誌を作る機会がありそうな場合は、しっかり写真を撮っておこうと思う。特に主役の写真は。料理、撮影、食事、会話、接客、後片付けの全てを一気にするのは難しいが、素材(写真)がないと、雑誌を作るのにも時間が一層かかる。

雑誌作成は、パズルのようで楽しい。
posted by mandelin-coffee at 09:22| カナダ Toronto 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

料理クラブのレシピを雑誌にする企画

UTDinner Club という料理クラブの部長として、トロントの多文化という特性を活かしたイベントをこれまで行なってきました。2010年秋に正式にトロント大学からクラブとして公認を受け、現在は360名のメンバーが在籍しています。これまで50の料理教室を開き、25ヶ国からの料理を参加メンバーと一緒に試しました。

様々な国から来た留学生、外国人学生(international students)、1世、2世、3世の学生らを招待し、彼らの国のレシピを試し、料理を通じて文化交流をし続け、この内容はUTDinner Club のウェブサイトで公開し続けています。

今回、念願のオンライン雑誌発行に至ることができ、ここでその一つを紹介したいと思います。



イベント中での写真撮影が難しいためと、古いデジカメ使用のため、雑誌の出来は今一つですが、数冊は時間を見つけて作成したい、と思っています。
posted by mandelin-coffee at 13:16| my idea & work | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。