2009年11月13日

トロント大学でのクラブ活動 ー 1

二つのグループに参加中。

1.SLSC アートを通じて、理系と文系を融合させたイベントを行なうグループ。
2.RSA ルネサンス・プログラムを推進するイベント活動のグループ。

少人数のグループなので、企画、広報など全ての活動を手分けしながらこなす。個人的に、デザインするのが好きなので、フライヤー作成も担当。

画像クリックで、拡大可能。

Toronto1919-smallsize.jpg 左記は、アーティストでもある、ヴィジュアル・スタディ科の教授と、
 人類学部の教授によるレクチャー。
 「結核」を、角度を変えて観察してみよう、という企画。
 実際、意外にも多くの、過去の有名なアーティストが結核で
 亡くなっている。「バベルの塔」を描いた、ブリューゲルも
 結核で亡くなったであろう、という説がある。


Nov26-jointevent.jpg
右のフライヤーは、ルネサンス期の人文主義者、
レオン・バッティスタ・アルベルティによる有名な
『絵画論』に関するレクチャーのもの。
現在、ヴェニスとアントワープの文化・芸術の講義を
トロント大学で行なっている、30歳(!)の若手先生の講義。
オックスフォード大学で博士号を取得したこの先生は、
画家でもある。

posted by mandelin-coffee at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ Toronto 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132786962
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。