2010年02月16日

クラブ活動(ポスター作成) ー 2

司祭、人文主義者、神学者で、ベストセラー作家でもあったエラスムスに関する講義を1月に開催することになり年度末に作ったポスターが、下記2点(画像クリックにて拡大)。

Erasmus-January21.jpg実際に使用したのは、上。
英国国旗の色を使い、大学内の「宗教改革・ルネサンス学のセンター[The Centre for Reformation and Renaissance Studies (CRRS) ]」が持つ、初版のエラスムスの新約聖書(ギリシア語とラテン語が並列になっている1516年出版のもの)の1ページをバックに使用したのがこちら ーー>


Erasmus-L5s.jpg銅像に、その新約聖書の1ページを埋め込ませたのがこちらーー>
バックのレトロ風の紙も、その新約聖書の空白ページを使用。メランコリックな雰囲気で。
ポスター作成は、手に入る材料(エラスムスの銅像、新約聖書)を調理する感覚に似ている。この塩加減が良いと思っても、お客によっては塩や醤油を極端に多く追加したがったり、好き嫌いがあったりするので、それを調整してバランスを保つ必要性があるから。


Erasmus-at-CRRS.jpgこちらが現物の銅像なのだけど、正面から見る印象と、
斜め下から見る印象の違いが大きい。最も若く見える角度を探して撮影した画像をポスターには使用。熟年に見えるホルバインによるエラスムスの肖像画が有名だが、エラスムスの文は溌剌としているので、ポスターでは若々しさを表現したかった。


Dangerous-Beauty-Feb25.jpg2月25日に開催するムーヴィー・ナイトでは『 娼婦ベロニカ (1998) 』を使用。物語の後半はハリウッド的になってしまっているが、前半は史実に沿った箇所があるという点で、学内で放映することとなる。DVDのジャケットとポップコーンのイメージを借りた、即席のポスター。

← Image borrowed from the New Regency Enterprises


***


Mental-Health-Issues.jpg3月1日のイベントは、文学部&科学部からゲストを招待し、精神疾患を 芸術的な要素(ダンスや二面アート)から見てみようという企画。企画のチーフが、ポスターのために、文学部からの講演者のアートワークより、ダンスの画像使用を主張。科学部からの講演者が、精神疾患を抱えた子供達の治療法としてダンスを使用していることが要因のようだが。。。
  
著作権の侵害を避けるために、私が現在習っている Nia のクラスのインストラクター、アンドレア(Andreea)に写真提供を依頼。アンドレアは、Nia のダンスで黒帯を持つ、心理学のドクターの学生。今回のイベントの内容が、実際、不明確なので、文学部と科学部の調和、という点に焦点を当て、ポスターを作成。

ところで、アンドレアのダンスはいつもクリエィティヴで楽しい。
アンドレアのホームページは、こちらから
ーー>http://www.andreea-nia.com/
posted by mandelin-coffee at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ Toronto 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141249819
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。