2010年06月27日

トロントでお薦めの家:Colborne Lodge

Colborne Lodge は、19世紀に建てられた家で、歴史的重要建造物の1つとして一般公開されている。トロントで最大の公園、ハイ・パークの設立者、JohnとJemina Howard 夫妻の家。

ガイド・ツアーとともに家を探索するのだが、ガイド女性の 巧みで、聴き手を惹き付ける話し振りが素晴らしい。[以前、グラスゴーのPollok Houseで建物のガイドをしていた経験上、私も彼女のように建物を案内することができたなら、一つ一つの家具や置物、建物の歴史により訪問者の注意を引くことが可能であっただろう、としみじみ感じた次第。話し手次第で、オブジェクトの生き生き度が異なる。]

Colborne Lodge の外観
Colborne-Lodge-exterior.jpg

3つの煙突を持つシンプルな外観と対照的に、内装では19世紀時の裕福さをあちこちで見つけることができる。
Colborne-Lodge-DiningRoom2.jpg


歴史家であるガイドの説明とともに、女主人が日々どんなことをして多忙なのかを知ることが出来る。2時のお茶の時間(当時、ランチ・タイムはなく、お茶の時間が一般的であったが、後にランチの時間ができる。)は、女主人らの情報交換の場。「美味しいお茶の調合や、ベーキング・パウダーの存在などの秘密を聞き出すにはどうしたと思う?」「お酒で酔わせて白状させたのよ!」と。だから、「お茶の時間の後は、酔いを冷ますために、休息の必要があったのよ。。。」

(下記、写真のストーブの上に載っているのが、ベーキング・パウダー。右、テーブル上の4本脚の物は、チェリー剥き器具。チェリー剥き器具の手前にあるのが、リンゴ剥き機。)

Colborne-Lodge-Stove.jpg


「ドイツ人薬剤師のルドルフ・エトカー(Rudolf Oetker)が始めた、ベーキングパウダーの大量生産により、ケーキを焼くのにイーストが不要となり、家庭のストーブのサイズも小さくて済むようになったのよ。戦時中、男性でもパンが簡単に焼けるようになったんだから。」

「ヴィクトリア女王と、ドイツのプリンス、ザクセン=コーブルク=ゴータ公子アルバートとの結婚により、ドイツ流のあらゆる習慣がイギリスに持ち込まれたのよ。」「それが、カナダでも流行したのよ。」クリスマスを家族で過ごす習慣や、サンタクロースがプレゼントを持ってくる習慣も、その皇室結婚の余波、とのこと。

ところで、女主人の着ていた洋服はどれくら重いのか、を経験してみる。
Vunderwear.jpg

ピンクの矢印がフープスカート。ブルーの矢印がフープスカートの上に着用する下着。両方とも意外に重い。立つには腹筋が必要だが、両手で持つよりは着用した方が軽く感じる。重りを着用して、筋トレしている感覚?!

Vdress-pot.jpg

全ての下着やコルセットを着用していないので、見た目↑貧弱だが、試着は面白い経験。是非、ガイドさんに着せてもらって感覚を味わうことをお薦め。

上記写真中右端、白の矢印が簡易トイレ。しゃがんで用を足すのではなく、スカートの下にポットを置く。立ちションスタイル。


最後にシャワー・ルームからの写真。
Colborne-Lodge-Shower-1.jpg

風呂文化の本を読んでいたので、シャワーの初期モデルを見るのは面白い。
posted by mandelin-coffee at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Toronto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。