2010年07月08日

男と女

トロント大学側、ヘプバーン・ブロックの南側で、モントリオール出身のスカルプター(造形美術家)Louis Archambault(1915ー2003)の作品、「男と女(1966ー1968)」にひょっこり出会う。
Louis Archambault-Man&Woman-1.jpg

ブロンズ製で、女性が3.6m、男性が3.9m。

Louis Archambault-Man&Woman-2.jpg


Louis Archambault は、カナダの近代アートの革新者である、とCBCの記事にある。

Louis Archambault-Man&Woman-4.jpg


女性の像に惹かれるのは、単純化されたフォルムの中に、自分の内部の器官との共通点を感じるからだろうか。。。

Louis Archambault-Man&Woman-5.jpg


posted by mandelin-coffee at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Art I saw in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。