2010年08月03日

ペルシア料理はものすごく美味しい!!!

7月30日のトロントで開かれたペルシア祭を、ペルシア人の友人3人と訪れた。そこへ向かう途中、友人がペルシア料理のお店に連れて行ってくれる。

イラン料理はものすごく美味しく、奥が深い!!!

日本料理に特有な素材が、異なる調理法でペルシア料理でも使用されているため、ペルシア料理を知ることで、日本料理の創作料理の幅が広がるという印象を受ける。ペルシア料理での羊の多用は、北海道で、羊肉が名物なことを思い出させる。

日本料理との大きな差でもあり、ペルシア料理の特徴でもあるのが、サフランとザクロの多用と、酸味の活かし方の違い。共通しているのは、食感を楽しむ点。

Noosh-e jaan !!!


アペタイザーで紹介されていたのが、下記3点。
イラン名物の平らなパンに付けながら食べる。

● KASHK-E-BADEMJA
炙って皮を剥き、すりつぶした茄子に、ペルシア流乳清(塩分の高いチーズのような味→イラン料理で使用される)、にんにく、クルミを加え、カリカリに揚げたタマネギを上に振りかける。
→→ 茄子の使い方は、目から鱗。クルミの歯ごたえと、茄子のソフト感、タマネギの甘みなどが口の中で広がる。

● SPINACH-BORANI
ソテーしたホウレン草、にんにく、クリーミーなヨーグルトに、何かスパイスが入っている。。。


● ZEYTOON PARVARDEH
ヴェジタリアン・キャビアとメニューに書いてあるが、実際、めっちゃうまい!漬けグリーン・オリーブをペースト状にし、ザクロと合わせ、新鮮なにんにくとペースト状のクルミ(→イラン料理で使用される)で合える。オーリーブの実をペースト状にする発想を 今まで思い浮かばなかった! ザクロの甘みと酸味が、オリーブの実と実に合う。他のお皿の写真を撮っている間に、あっという間に、この ZEYTOON PARVARDEH がなくなってしまいそうになる!


● BAGHALI-POLO
サフラン入りのバスマティ米(インド産の芳香のあるお米)に、ディルと空豆が混ぜ合わさっている。とろとろに煮込んだ羊のすね肉とともにいただく。→→ 豚の角煮と同じくらい口の中で溶ける。


DeliciousPersianRestaurant.jpg上記写真のスプーンに映っているのが、水色の天井。実際の天井は、ライトのリフレクションが美しい。
実際、店内は左記が示すように、アット・ホームな雰囲気。お店は賑わっていた。
ペルシア語で書かれた詩などが、店内に飾られ、友人らも興味津々。

社会人なら、是非、メニューの料理を全部試してみたい。トロントにあるレストランを自転車で探求して、各国の料理を勉強してみたい気にならせる程、このレストランでいただいた料理は美味しかった。



● FESENJA
挽いたクルミとザクロのシロップの入った鶏肉のもも肉シチュー。サフラン入りのバスマティ米と一緒にいただく。

本当に美味しかった。。。。

posted by mandelin-coffee at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化&気づいたこと Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。