2007年06月01日

たけなわ 酣

素敵な方(茶道家)に教えていただいた本。
365日おのおのに優しく置かれた、様々な唄的な言葉たち。

自分の誕生日はなぜか一番に見てしまう。




生命の宴

うららかな陽射し、鳥のさえずり、小川のせせらぎ・・・・・・まさに春たけなわです。
酣の語源はいろいろあります。「宴なかば」が変化したという説や、「長ける」と「成る」が組み合わさったという説などです。
漢字の方は、「酣」と書く場合と、「闌」と書く場合があります。 (続く)

続きは「美人の日本語」を見てください。やわらかい日差しと風が、頬をなでる感覚を呼び起こす本。
占いでも、性格判断の本でもなく、日本語の素晴らしさを感じる本。




posted by mandelin-coffee at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | つつ うらうら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44019751
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。