2008年03月22日

Curiosity Killed the Cat

Curiosity ーー> 好奇心
Kill   ーー> 殺す 
Cat   ーー> 猫

全体のことわざの意味は「好奇心もほどほどに。」

好奇心が強い方だと思う。紙に書いてあることも面白いが、実体験で理解したときや、経験と重なった時は、体の中から沸き上がる喜びを感じる。

知らないことがありすぎる自分が時々怖い。見ていても気づかないことが多い。
だから、大学に再入学しているんだとも思う。
私の知らない扉を、開け放つ教授がいる。その新鮮な空気。
ある意味、爽快である。

でも、知りたいことが次々でてくるたびに、このことわざ(Curiosity Killed the Cat)を思い出す。猫顔だしね。飽きっぽくはないんだけど。注意散漫?!

時々、なぜ、こんなに質問が浮かぶんだろう、知りたいことが増えるんだろう、と自分の子供時代を振り返る。多分、父のpun(言葉遊び、駄洒落)の影響ではないかと。。例えば、「回答する」の意味を聞いたら、冗談で「解凍する」の意味を教えられ、子供心に変だと気づき、母に「本当?本当?」って聞きに行き、家事中の母の周りにまとわりついた。あまりにその頻度が多いため、母から国語辞書を渡されたのが、5歳頃。
現在、punが楽しい。

知らないことを知ることは本当に面白いんだけど、知りたいことがありすぎで、時間が足りない。。。
困ったなぁ。。




posted by mandelin-coffee at 03:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
住む場所が違うと、それだけで知らないことだらけ。人間も物も違う。
自分から飛び込んで行くと、色んなことが何倍にもなってかえってきます。
恭さんの行動力見てると、色んな物がかえってきてるのだと思います。
これから先も面白い人生が待ってますね!
Posted by hiroyuki at 2008年03月22日 15:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90408622
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。