2008年06月05日

よいしょ

「よいしょ」と同じ状況で使う言葉が英語にあるのかどうか、周囲のカナダ人に聞いてみた。

答えは NO.

言わないからと言って若いわけではないのだが。。

フランス語にもないらしい。。

トロント大学図書館の総書籍数は北アメリカで2番目に多い。(ハーバード大学が上位を占める。)
大学の広さゆえ、大きな図書館と学部ごとの図書館などに分かれるので、科学を軸にアートを解説する本は、科学系の書籍の多い図書館へ。エンジニアが絡むアートは、エンジニア学部の図書館へ。数学で分析するアート書籍は数学科。。音楽と絵画、彫刻の関係は音楽科。。。と時に他の学部に出向く必要がある。キュービズムのエッセイを書くのに、本を集めに出かけたら、つい好奇心で脱線もし、なんと49冊も借りていることに気付く。全部、読めるのか?って? I will try....
参考までに、大学生は最高50冊。2週間。大学院生は100冊借りられるシステム。

つい、本が重いから、よいしょ。って言っちゃうんだよなぁ。。鞄が、本の重みで壊れそうになるんだもの。



*「おしい」は過去記事参照。

** bugger も馬鹿に。。。似ている。

posted by mandelin-coffee at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ Toronto 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。