2009年10月12日

中世の建築物を再現している場所

エンターテイメント的であるBBCの歴史番組より、教育を目的としたDVDも多く出版されている。大学から借りて見たDVDの中で、例えば、Films Media GroupによるEurope in the Middle Ages: A Way Out of Darkness(中世時代のヨーロッパ:暗黒からの脱出への道)シリーズを通じて、二ヶ所、まだ日本でそれほど知られていない場所を知る。

一つ目は、ギデロン城。
フランス、ブルゴーニュ地方の Treignyでのプロジェクト。中世で使用された(であろう)材料と製法のみで城を建設中。2020年代に完成予定。


中世での建築方法に関する情報は非常に少ない。でも、実際に作成することで、より理解が深まることを目的としている。
多くの中世の城(廃墟)訪れる度に「祇園精舎の鐘の声...」の句を暗唱せずにはいられないのだが、この再現中の城は、生きているように見える。


二つ目は、ドイツ、ベルリン近郊、ドゥッペル(Dueppel)にある村(博物館)。中世(13世紀)の村を再現している場所。


実際、ドイツには他にも似たような場所があり、そこで見た中世の村は、日本の伝統的な村に似ている点が多いように感じた記憶がある。
札幌にある北海道開拓の村も好きな私だが、何が魅力的か、というと、形のラインが美しいから。開拓の村で言うと、印刷機が特に美しい。ドイツで訪れた村では、製粉機や、暖炉の形、屋根の角度など。
posted by mandelin-coffee at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Films & Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

中世時代の暮らしー農民 編

ヨーロッパの中世時代は、長い。
中世初期(西暦300ー1000)
中世盛期(1000ー1300)
中世後期(1300ー1500)

その歴史を、ひとくくりにし、一般向けに楽しく紹介しているのが、BBCの中世時代の暮らしシリーズ(Medieval Lives:2004年英国で放映)。コメディアン、脚本家、俳優、映画ディレクターなどをこなす、マルチタレント、Terry Jones(テリー・ジョーンズ)によるプログラム。

8回ものの第1回は、「農民」。



お薦めの点は、マニュスクリプトを動画として見せていること。細かい部分を見逃しがちの、マニュスクリプトの細部の面白さを紹介していること。英国で歴史的な建造物や、そこでのエキシビションなどを訪れたら湧くであろう、素朴な疑問への説明をうまくこなしていること。Terry Jones(テリー・ジョーンズ)が率直な感想を述べていること。

見ていて、気をつけることは、ブリューゲルの農民を描写した作品を時々使用している点。ブリューゲル一家は、中世時代の画家ではない。農民の生活を描いた作品が買手の興味を引くようになったのが、ルネサンス時期であることに注意。時代の差への意識は重要だが、実際、一般庶民は、中世だの、ルネサンスだの、今の時代は新時代である、などという意識からは遠い、という点も留意。

総合的には、テレビ番組のエミー賞にノミネートしただけある、愉快なテレビ番組。

 veoh を無料ダウンロードすると、いろんなテレビ番組や映画を見ることが出来、私も友人達も語学勉強などの目的で、このサイトは現在問題なく使用しておりますが、このサイトへのアクセスによるトラブルへの責任を一切負いません。


>>> 8回シリーズ <<<

1)The Peasant ー 農民

2)The Monk  ー 修道士
私語を慎む必要性から 手話が使用された点などが紹介されている。
シトー修道士は、冷静さと冷えを保つため、パンツを履いていなかったと。なかなか、そういうネタを大学では学ばないので、「へぇー」と。テリー・ジョーンズの紹介の仕方は面白いが、念のため、それに関する学術的記述(歴史的証拠に基づいた記述)があるか確認を。。。で、Walter Map (d.1208-10)という修道士は、パンツを履かない不都合な状態の例を挙げている。冬、転んだときなど大変であったであろう、と想像もできるが、シトー修道士全員が下着なしではなかったこと、中世でもそういう時期があった、という点を念のため述べておきたい。

3)The Damsel ー 未婚女性+既婚女性
中世を暗黒時代と表現するのは誤りである、というのは有名。特に女性の地位が尊重されたのが、中世で、ルネサンスに女性と男性の格差が開く。女性がより良い教育を受けることができたのも、中世。テリー・ジョーンズは、あけすけな女性のコメントを紹介。中でも、ユニークな女性 Margery Kempe (c. 1373 ー after 1438)が、醸造所のビジネスに失敗した後、転職した話は興味深い。そのマージェリー・ケンプは、嫉妬深く、面倒で、自信過剰なのだけど、信心深い妻であり、結婚し、14人の子供をもうけるが、人生の大半を夫とは別の家で暮らした、と別の本にはある。イタリアとスペインに巡礼し、ドイツなどの国も訪れ。。。興味のある方は是非、Google Book にアクセスを。


4)The Minstrel ー 吟遊詩人
音楽家と言えども、実際は、Minstrel は、little servant を意味した、という内容。夜警としても働き、何かあればトランペットを吹き、宴会では音楽を奏で...

5)The Knight  ー 騎士
騎士道物語や、マナー・ブックが作成されたのは、あまりにも騎士の振る舞いが悪すぎたので、彼らを教育する目的で作られたことを念頭に見ることをお薦め。

6)The Philosopher (Alchemist) ー 哲学者/自然科学者/錬金術師
錬金術師だけではなく、中世の医者も紹介。ゴシック・カテドラルについてもある。修道士が、翼を付けて建物から飛んでみた話など、広く浅く盛りだくさん。他の歴史に関するDVDで、ドイツのとある教授は、中世の”科学”のような学問は、最後の審判がいつかを知ることを目的とし、その恐怖が科学を促進した、と。いろんな見方がある。

7)The Outlaw  ー 無法者
BBCの他の番組では、キリスト教での神話(聖人伝:奇跡を起こした話)はどう作成されたのか、という点を絞首刑者との例で紹介。その番組では、処された無法者が生き返った場合、聖人が助けたから犯罪者ではないのではないか、それとも、悪魔の仕業で蘇ったに違いないのでもう一度処刑すべきか、という判断が下されるまでの過程を紹介。でも、この番組は、現代と中世のイメージを混合して紹介するので、個人的にはあまり薦められない。
他方、テリー・ジョーンズの紹介する無法者は、他のシリーズと同様、大人が子供の絵本を読んで、意外に多くを学べるような感覚を得るのに近い、かも。
一般的に、中世の有罪刑を残虐だ、という見方が多いかもしれないが、フィクションの映画(例:パイレーツ・オブ・カリビアン)では処刑シーンが多用され、それは過去の記述からインスピレーションを得たものであること、などを考えながら見ると面白いかも。

8)The King   ー 王
中世のイギリス国王らを、誇大妄想者、モンスターなど率直なコメントとともに紹介。
posted by mandelin-coffee at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Films & Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

皇室芸術学校 Royal Conservatory

トロント大学校内に新しく建った Royal Conservatory。
こじんまりとしたホールだが、木のうねりが素敵だったので撮影。

Royal-Conservatory1s.jpg


下記は、天井。

Royal-Conservatory2s.jpg


年中行事の Nuit Blanche のため一般開放され、カラー照明があてられていた。今度は、テストや課題に追われていない時、ゆっくりコンサートで訪れたい。
posted by mandelin-coffee at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ Toronto 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

16世紀、女性詩人 Anna Bijns の作品

ルネサンス期で、結婚は、「くびき」に例えられていた。

Ushi-Kubiki.jpg


エンジェルが、新郎と新婦にくびきを掛けている様子。

Lorenzo Lotto, Marsilio Cassotti and His Bride Faustina, 1523
oil on canvas,  Museo del Prado, Madrid

Marsilio Cassotti-His Bride Faustina1523.jpg
© National Gallery of Art, Washington D.C.


どうも、くびきは、重そうである。

ルネサンスが、中世より、近代的で文化的である、という考えは、実は見方によって大きく異なる。例えば、女性の地位が、格段に落ちたのがルネサンス。多くの女性の名は、男性の影に隠れてしまっている。

原文を読んだ訳ではないが、英訳の言葉の選択が面白い詩を見つける。
アントワープで学校の先生だった、Anna Bijns(1494ー1575?) の作品 “くびきなしが最高!男なしの人生で幸せだもの!”。16世紀半ばに発表されたにも関わらず、現代でも、ある意味、笑える。

  Her marriage ring will shackle her for life.
  If however she stays single
  With purity and spotlessness foremost,
  Then she is lord as well as lady. Fantastic, not?
  Though wedlock I do not decry
  Unyoked is best! Happy the woman without a man.(*)

  手かせ足かせ、彼女の結婚指輪
  シングルとおせば
  純潔、貞潔、何よりも
  君主のように気高い人生。超最高。どう?
  結婚生活を否定しないけど、
  くびきなしって、最高!男なしの人生で幸せだもの。(**)


結婚せずとも、処女を通す女性が現代ではいるのかわからないが、この詩が作られた時代は、ちょうど、エリザベス1世(統治:1558-1603)が、バージン・クイーンとしてイギリスを治めていた時期と重なる点に注意。アントワープは、ローマから離れていた点にも注意。ともあれ、独身貴族を謳歌しているのが、伝わる Anna Bijns の作品。彼女の全体の詩を読むと、女性の声、というより、現代の日本人男性の「声」にもきこえる。

この抜粋の前に、Don’t hurtle yourself into marriage far too soon.(結婚に そんなに焦って突進しないで。)という部分もあり、今でも周りに、“突進する”人いるよなぁ。。と。

この“くびきなしが最高!男なしの人生で幸せだもの!”をもっと読みたい場合、Google Bookで読むことができるので、下記の本をチェック。
(*)Meg Lota Brown and Kari Boyd McBride, Women's Roles in the Renaissance (Westport, Greenwood Press, 2005) 119, 120.

(**)このブログの著者による日本語訳


今、ルネサンス研究プログラムの科目を選択中で、ジェンダーについての講義を受けている。いろんな想像豊かな発想に出会って面白い。笑える。

例えば、ルネサンス(ギリシア・ローマ文化の復興)では、ローマ皇帝、マルクスアウレリウス(121-180)に、医師として仕えた Galen の記述が、以前このブログで書いたヴェサリウスの解剖学書がでるまで、重要書として扱われていた。Galen は、女性は体温が低いので、男性より完璧ではない、と述べている。でも、その体温の低さが、胎児に栄養を与えるのに役立っている、と。女性の体温が高いと、栄養分が即座に分解され、”胎児が、分解されずにいる栄養物をさっと取ったり、残り物に預かったりできないから、女性の体温が低い方がよく、女性が男性より劣っていると考えるよりは、こう考えた方がいい、”とも述べている。胎児が、お腹の中で 素早く栄養物をキャッチしている様子を想像すると愉快。
posted by mandelin-coffee at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術史 経由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

トロント中心街を少し離れてみると。。

トロント大学には、ルネサンス研究プログラムがある。歴史、社会学を中心にルネサンスを分析するプログラム。美術史学部とは、また違った角度で美術も分析するのが面白い。

性とジェンダーに焦点を当てて分析するコースと、フィレンツェ全般を扱うコースの教授のお家で、パーティーが開かれた。
その教授の家に向かう途中、撮った写真がこちら。

Near Royal York Subway St-1.jpg


Near Royal York Subway St-2.jpg


Near Royal York Subway St-3.jpg


Near Royal York Subway St-4.jpg


夕方6時半の撮影なので、かなり暗い写真となってしまう。見知らぬ方の家を撮影するのが少々後ろめたかったので、隠し撮りぽかったかも。。なので、角度が良い写真とは言えないが、中心街の住宅と、中心街から地下鉄で30分ほど離れた場所では、家の作りや、デザインが、がらっと変わるのでカメラに収めた。この近辺は、頑丈な作りで、スイスを思わせるデザイン。あるいは、B&Bを思わせる。家の後ろには、素敵なお庭がある。中心街や、トロント・アイランドで見るお家は、雪には耐えられそうにないのでは、と感じる弱さがある。


posted by mandelin-coffee at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Toronto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

嗅覚も意識させられる広告

禁煙の広告もいろいろ見る。

こちらも感情に訴える、禁煙の広告。

World No Tobacco Day: Non Smoking Area.

Non Smoking Area.jpg

   Advertising Agency: TBWA\Athens, Greece.
   Creative Director: Vangelis Vrouvas.
   Art Director: Christos Kliafas.
   Copywriters: George Loukoumis, Vassilis Kleisouras.


日本の墓地は、こうではないけど、北ドイツにいた時、似た墓地を見たことがあり、個人的に、この広告は目に焼き付く。戦死者の墓地が上記にような場合が多い。

煙草に関するものでは、昨年大学内では、「煙草を吸った彼氏とのキスは臭い」というものを見かけた。

☆ ☆ ☆


電子レンジの匂い消しの広告で、素敵なのを見つける。
イタリア人デザイナーらによる広告
Fornet “And the smell goes back to hell.
意訳:“そして、匂いは地獄へ帰る”


   Advertising Agency: Publicis, Milan, Italy
   Creative Directors: Luca Scotto di Carlo, Vincenzo Gasbarro
   Art Director: Stefano Fontana
   Copywriter: Sara Pollini
   Illustrator: Thomas Lavezzari
   Photographer: Marco Craig
   Post production: Marco Vagnetti
   Published: April 2009


このI Believe in Advertisingでは、面白い広告を集めて紹介している。同じFornetの作品では、魚バージョンも素敵。是非。

日本で住んでいた時、スプレーを使用せずとも、電子レンジに匂いがこもることはなかった。今住んでいるおんぼろアパートの電子レンジは 古いので特に匂いが残る。
中国人のフラット・メイトで、ひっどくだらしのない学生の生活には仰天だった。食生活も見慣れないもので、納豆を電子レンジで ラップが弾ける程過熱して食べていた。
匂いの感覚は国によって本当に異なる。その彼女は部屋の匂い消しに、お線香の匂いのするお香を焚いていた。
posted by mandelin-coffee at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化&気づいたこと Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

買い物袋への対応の差:トロント、ロンドン、札幌

環境問題への対応と対策の差にはいつも驚かされる。
中でも、 国によって、地方自治体によって異なる買い物袋への対応は、一番目につきやすい。

● リサイクル以外はゴミを出すのが有料な札幌。買い物袋のリサイクルあり。

● 家の前にゴミケース(?)があり、家庭ごみ収集料金がかかる。ケースのサイズにより料金が異なる。ケースが小さくても年間約2万円。リサイクルの分別の規制は緩い。
買い物袋には一律日本円で約5円を払う必要があるトロント。買い物袋のリサイクルはない。

● 無料の化学的に生物的に分解可能な買い物袋を提供する、英国の大型スーパーマーケット(プラスティック買い物袋との違いがわからないほど、そっくりの買い物袋。何年かかって分解されるのか不明)。

ところで、今日授業中に見た、プラスティック買い物袋を原爆に見立てたグリンピースによる広告。

Greenpeace: Bomb
Grey-Tel Aviv-Israel.jpg
image from ADS of the World

   Advertising Agency: Grey Tel Aviv, Israel
   Senior Creative Director: Jonathan Stirin
   Creative Directors/Art Directors: Ben Sever, Yaron Izhakov
   Copywriter: Uri Marek
   Published: March 2008


興味のある人は、>>こちら<<で、ショート・クリップも紹介している。シンプルなアイデアだが、考えさせられる内容。


話は逸れるが、

広告は、見る人の感情に訴えるものが多い。

原爆を見立てた別の広告。

The Moscow News: Hiroshima

The Moscow News-Hiroshima.jpg
image from ADS of the World

   Advertising Agency: BBDO Moscow, Russia
   Creative Director: Andreas Toscano
   Copywriter, Art Director: Andreas Toscano
   Photographer: Nickolay Kvatnikov
   3D and retouching: Fiero Animals Studio



なぜ、上記イメージの広告を見た、かと言うと、Rhetorical writings(直訳:修辞法、雄弁法を用いた文章)、つまり、説得術、交渉術を生かした文章を書く「術」を学ぶコースに出席しているから。文章と、(ヴィジュアル)広告との間にある、感覚と知性に訴える点での類似性を見る。分解した文章構造を見ていると、健康に関するテレビ番組は、まさに、これらの「術」を(必ずしも正しくはない方法で)使って、納豆や豆腐などの健康食を視聴者に訴えているな、と。
posted by mandelin-coffee at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化&気づいたこと Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

空軍ショウの爆音

The Canadian International Air Show が、金曜日から今日の祝日まで開催されている。カナダの空軍だけではなく、アメリカ空軍も参加。

リハーサルの木曜日を含め、トロントの上空から響き渡るものすごい騒音。
普通のデジカメで撮ると、豆粒にしか見えないけど、音は時に雷より大きく、私の住んでいる建物の上空を飛んでる時はかなり近い。東京大空襲の時、人々が震え上がったのがわかる気がする程、大きい。毎日数時間続くので、不穏な気持ちになる。

CIAS-2009-BW1s.jpg
アパートからのモノクロ写真


「俺を見ろー」と言わんばかりの爆音を響かせながら、回転したり、舞ったりしている。
実際、色鮮やかな機体が多いようだが、灰色と白、赤しか見なかった。

きれいな写真を見たい方はこちらを。
http://www.cias.org/content/view/37/52/
http://www.flickr.com/photos/news46/
posted by mandelin-coffee at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Toronto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

二度目の"sushi"

トロントに住むカナダ人は、箸が普通に使え、アジア系の料理が大好き。日本語は知らなくても、日本の料理名は知っている。照り焼き、ごま和え、お浸し、など。。私の知っているかぎり、抹茶アイスクリームも女性に好評。

先日、ご両親がナイジェリアから来た男性に中華料理屋に連れて行ってもらった。麺もスープも鶏肉も美味しかった。日本人が、ナイジェリア人に美味しいアジア系のお店を紹介してもらっている姿、想像できます?


今日、遅いランチに sushi を食べに行こう!と誘われ、正直、おそるおそる出かける。以前、一度目の巻きsushiは、天かすが入っていて、びっくりだったけど、今日のsushiにも驚いた。「スパイシィー sushi」が、Nia クラスの講師のお薦めだったので試す。。うーーーん。アボガドと鰻の巻き寿司は悪くなかった。もう一つ、サーモンとスパイシィー(ドレッシングみたいなソース)は、くどすぎて、喉も胃もびっくり。日本料理と名のつく料理に、養殖サーモン(アトランティック産、ノルウェー産やチリ産)を使った物が多いのが残念。
抹茶アイスクリームは、苦みも甘みもきつい。

今日行った New Generation は、メニューをネット上に公開しているので、興味のある方は こちらを(高い税とチップ抜きの価格だけど)。値段がリーズナブルなので、お店は、いつも混んでいる。sushi レストランとして、トロントでは有名みたい。居酒屋、という感じだった。

でも、

どうも、調理師免許を持っているせいなのか、「ほうれん草のお浸し」の調理の仕方、お茶の入れ方、などなど。。。の手抜きが目についてしまう。一手間かければ、もっと美味しく調理できるのに。。。
posted by mandelin-coffee at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化&気づいたこと Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

内容が怖い広告

大学のジムのトイレより。

大学のジムのトイレにも様々な広告が入れ替わりする。
今回の Plan B は、イメージにぎょっとしたので、紹介を。

この薬を飲むとすぐに、
一時的に卵巣から卵子が自由になるのを止め、受精を防ぎ、子宮に精子が吸着するのも防ぐ、というもの。

精子が卵子に近づいて、helpという文字になるこの広告、こちらで見てみては。スクリーン・セイバーも提供しているが、ほしい?!


*大学に貼ってあるとは言え、大学が促進しているわけではありません。
posted by mandelin-coffee at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ Toronto 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

東に向かって歩いてみると

サテライト・イメージのGoogle Map。昨日訪れた Toronto Island Park が大きく見える。
Toronto Island Park&Remembarance Dr.jpg
© Google Map

今日は、左側(A)マーク付近を散策。

リトル・ノルウェー・パークで見かけたトーテム像。
Totem-in-a-park-1.jpg


そこをさらに東に歩くと、ヨット・クラブに出る。そこから見える CNタワー。
CN Tower from AlexandraYachtClub.jpg


ヨット・クラブには、いた! 魚が。鯉より大きい。
Fish1 at Alexandra Yacht Club.jpg



平日の夕方、カヌー、ヨット、ジョギング、サイクリングを楽しんでいる人の多いこと。。。
夕日を求めて、たどり着いた場所は、のどかで、水平線が美しい場所。

Sunset at Remembrance Dr.jpg
posted by mandelin-coffee at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Toronto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

Toronto Island Park に行く

オンタリオ湖に浮かぶ、トロント・アイランド・パークに行き、公園内をぐるっとほぼ一周。夕日は雲に隠れてしまったけれど、快晴でのどかな一日を送る。

湖は比較的透明度が高いのだけど、魚は見当たらない。

裏表のあるトロントを撮ってみる。

Two sides of Toronto.jpg




美しい一面だけだと、

島から眺める、中心街のトロント。



島は半日で歩いてまわることができる大きさ。だけど、意外に民家が多い。島内では、消防車と救急車以外の車は禁止されているので、買い物はどうするのだろう。。と余計な心配をしてみたり。
場所によっては、水面が腰当たりまで高いところもある。湖では、ボート、カヌー、ヨットを楽しんでいる人が多い。

夕方歩いた海岸で、偶然、ヌーディスト・ビーチに出てしまい、ちょっとびっくり。
おっと、失礼!

posted by mandelin-coffee at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Toronto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。